1. HOME
  2. ブログ
  3. 東北地方で震度6強の大地震

東北地方で震度6強の大地震

はじめに

2月13日午後11時過ぎごろに、東北地方宮城県と福島県で最大震度が6強の大地震がありました。震源は福島県沖で震源の深さが55キロ、マグニチュード7.3は阪神大震災と同等の規模でかなりの大きな地震でした。

都内も揺れる

当時は都内東部の自宅にいました。自身はまだ仕事中だったのですが、緊急地震速報のアラームがなって、「地震?」と思ったら揺れが始まって、その揺れがどんどん大きくなって「これはまずいな~、5強くらいまで行くかな・・・」という感じになって行くうちに何とか大きな揺れは収まりました。

おそらく都内は1分超、1分半近く揺れていた記憶があります。震源は千葉沖で震度は5弱と思ってテレビのニュースをつけたら震度は4で済むも震源はなんと東北。東京でこれだけ揺れたのだから実家の日立やいわき・南相馬・仙台・石巻あたりはどえらいことになっているかもしれないと思いました。

ただ地震後親からは特別な連絡はなく、翌日にメールと電話は交わしました。土曜日夜で安否の電話が殺到すると思ったので、向こうからなければ少し時間をおこうと思いました。

最大震度は6強

最大震度は福島県相馬市・新地町・宮城県蔵王町などで6強を観測。また宮城県仙台・石巻や福島県を中心に震度6弱の大きな揺れがありました。幸い実家の日立は5弱と台所用品が少し落ちた程度で大きな被害はなかったとのこと。ただ親の話からは5弱ではなく5強はあった、途中までは震災のような雰囲気を感じたと言っていました。

ただ震源が55キロから60キロ程度と比較的深かったので津波の可能性は低いだろうと判断。揺れ方もゆっくりで重く感じたのでおそらくかなり深いだろうなという感覚でいました。これなら沿岸部でも津波は避けられそうだと。

けが人も発生

けが人も福島県と宮城県を中心に南東北・関東地区で150名程度とけっこう出ました。また道路の亀裂・水道管の破裂・灯篭の破壊など福島市付近を中心に多くの被害が出ました。日曜日は復旧作業を急ぐことになりそうです。

また東北だけでなく関東や震源に遠い静岡でも広範囲で停電が起きました。当日はこの時期にしては比較的暖かいもそれでも冬なので暖を取れないという家庭も多かったものと推測されます。

東日本大震災の余震

どうも原因は東日本大震災の余震だそうです。震災から間もなく10年ですが、まだまだ余震活動は続くだろうとのこと。

また首都直下地震や東南海地震・南海トラフ地震などの発生も予想されています。今後も地震への備えは重要です。企業の方は特に地震保険への加入を考えても良いのではないかと感じています。

参考資料
NHK:https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210214/k10012865341000.html

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事